レシピRECIPE

  • ・すんしゅい(酢のしゅい)

都城は昔から蓑原大根が自生し、漬物として食べられていた。やがて栽培すようになり大根料理も工夫されてきた。この「酢しゅい」も寒い日に体を温めるものとして工夫されてきたものであろう。
なますというのは冷たいのが普通だがこれは熱いのを食し体が温まるのが特徴です。

材料/分量材料/分量

※材料は人分です。

  • 鰯(一夜干)

    2匹

  • 大根

    中1本

  • うすくち醤油

    80cc

  • 120cc

作り方作り方

すんしゅい(酢のしゅい)

  • 1.大根をたかおろし器(竹製の粗いだいこんおろし器)でおろす。
  • 2.鰯は4~5等分のぶつ切りにする。
  • 3.おろした大根と鰯を煮る。うすくち醤油を加え、煮上がる寸前に、酢を加える。